<
2020年8月29日

ミュージック機能が使えない!InstagramでビジネスアカウントでもBGMを載せる方法

家事の小ネタ
インスタ活用術1

Instagramでは随時新機能が追加されているわけですが、24時間で消えるストーリーやライブ配信、2020年夏にはTikTokのような15秒で動画を作成するリール機能といった多彩なコンテンツがリリースされました。

これらの機能で外せないのは、やはりBGMサウンド。

商品や個人をアピールする上で、画像だけでなく動画での訴求は欠かせない手法の一つとなっていますよね。

個人アカウントに限定されたInstagramの機能「ミュージックスタンプ」はビジネスアカウントを運用している場合利用することができないので、悩まれている方も多いのではないでしょうか。

そんな方へおすすめしたい、無料でInstagramのBGMとして利用できるコンテンツをご紹介します。

目次

Facebookのクリエイティブツールをご存知ですか?

Instagramでのライブ配信やリールでは、Instagram内であれば無料で使用することのできるミュージックスタンプ機能が搭載されていますが、個人アカウントに使用が限定されている点がデメリットです。

また、個人アカウントであったとしても音源を使う場合は通常著作権に触れるケースが多く、ライセンスフリーのサウンドを探すのは非常に手間のかかる作業です。

そこでおすすめなのが、Facebookが提供している「Facebookサウンドコレクション」というツールです。
ここではFacebook/Instagram内であれば自由に使うことのできる音源を提供しており、動画クリエイター向けに効果音や深みのあるサウンドも用意されています。

インスタ活用術2

Facebookサウンドコレクション

※注意点
Facebook/Instagram以外の場所では著作権違法になりますので使用しないでください。

使用方法

使い方はいたって簡単です。
自分のFacebookアカウントでログインし、利用規約に同意するとミュージックリストが並ぶページにアクセスできます。

インスタ活用術3

サウンドには「トラック」「サウンドエフェクト」の2種類あり、BGMとして使用したい場合はトラックを選ぶと良いでしょう。
動画の効果音として使用したい場合はサウンドエフェクトで探してみてください。

インスタ活用術4

ここではInstagramのライブ配信やリールのBGMとして使用したいので、トラックについて説明します。

トラックにはおよそ7,700曲以上が公開されており、それぞれ【ジャンル/ムード/再生時間/ボーカル】から好みの曲をフィルターをかけて探すこともできます。
ボーカルというのはアーティストによる歌声のことで、ボーカルなしという選択もできます。

インスタ活用術5
インスタ活用術6
インスタ活用術7

リール機能は15秒なので短い曲を探していましたが、ラインナップがとても少ないのでなるべく長めの曲で自分に合うポイントをトリミングして使うのがおすすめです。

インスタ活用術8

曲ごとに配置されている再生ボタンの左隣にあるアイコンをクリックすることで曲がダウンロードされます。
パソコン上の場合はライブラリに、スマートフォンの場合はフォルダに保存されます。

動画にBGMを追加する方法

ライブ配信の場合はダウンロードしたBGMをPCで流しながら配信するのが簡単な方法です。
視聴者に音量が大きくないか、耳障りかどうかなど配信しながらチェックしてもらうのもいいでしょう。

ストーリーやリールの場合、プロアカウントやビジネスアカウントだとミュージックスタンプが表示されないので、あらかじめ動画にBGMを載せた状態でアップする必要があります。

スマートフォンで制作する人が多いと思いますが、おすすめの動画編集アプリは断然InShotです。

Apple Store
InShot – 動画編集&動画作成&動画加工

Googleplay
InShot – 動画編集&動画作成&動画加工

動画の補正、トリミング、サイズ変更からBGMの挿入まで一括して行うことができます。
操作性も簡単で、動画編集に慣れていない人でもBGM付きの動画を作ることができますよ。

終わりに

世界中の人たちへのPRツールとしてインフラにもなりつつあるSNSは、私たちの生活に欠かせない存在になりつつあります。
個人にとどまらず、企業やクリエイターの方もビジネスツールとしてぜひ活用していきたいですよね。

日々アップデートしていくInstagramの新機能をいち早く使いこなすことで新鮮味を与えることができ、アカウントの価値も上がっていきます。
頑張りましょう!

インスタ活用術9
s